看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士募集中

訪問看護師になるには経験年数が必要?

プラスト訪問看護ステーションです!

訪問看護師として働こうとする方は「5年病院勤務したら訪問に行こう!」といったように、経験年数のことを考えるのではないでしょうか?

この記事では、訪問看護師と経験年数について解説します。

目次

訪問看護師は経験年数高い人が多い

訪問看護師の平均年齢は病院と比較すると高くなっています。

・まずは病院勤務で多様な経験を

・まずは病院勤務で指導を受けてから

・子育てのため自由な働き方が出来る訪問へ

・キャリアアップとして在宅の現場へ

このような背景で病院から訪問へと転職される方が多いのでしょうね。

急増する若手訪問看護師さん

少し前までは、訪問看護師さんはキャリアが10年以上の方がほとんどでした。

しかし、近年では医療の在宅シフトに伴う訪問看護師さんのニードの高さや看護師さんの多様な働き方を推進することが影響してか、若手の訪問看護師さんが急増しています。訪問看護ステーションでも新卒を採用し、育成に力を入れるところも増えてきています。

「まだ三年目だから無理…」などと思わず、若手看護師さんも訪問看護の世界を覗いてみるのが良いでしょう。

経験年数別の訪問看護師への転職

訪問看護師へと転職するとき、経験年数ごとに特徴があります。ここでは代表的な例を紹介します。

新卒看護師さん:新卒での訪問看護では、経験が少ないなかでひとりきりの判断が求められる瞬間が大変です。訪問看護ステーションの教育体制が十分であるのか、サポート体制は十分であるのかをよく見てから就職しましょう。一方、病院勤務とのギャップに悩むことなく現場での対応が出来るようになるというメリットもあります。

3年目看護師さん:ある程度の経験を経てからの転職となるため、現場での難しさにも対応出来るでしょう。病院とのギャップを感じながら、それを埋めるための学び直しに頑張りましょう。訪問看護がやりたいと考える方にとってはとても良いタイミングの転職でしょう。

10年目看護師さん:「本当はこういう看護が必要なのに…」と感じながらも、時間や資源に限界のあるなかでベストな形を提供する。このような病院勤務のギャップに悩むことが少なくありません。一方、経験のなかで培った知識と技術はすぐに実践に役立つでしょう。

おわりに

訪問看護と経験年数について紹介しました。プラスト訪問看護ステーションでは様々なスタッフが働いているので、是非とも参考にして転職を考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる