看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士募集中

訪問看護ステーションで正社員として働く!実際のスケジュールを公開

プラスト訪問看護ステーションです!この記事では、正社員として訪問看護ステーションで働く一連の流れや実際を紹介します。これから訪問看護師として転職しようと考えている方は参考にしてみてくださいね!

目次

正社員訪問看護師の一日の流れ

訪問看護師として働こうと考える看護師さんからよく聞く疑問に、一日のスケジュールがあります。

・一日何件訪問するの?

・移動時間はどれくらい?

・記録はどうしているの?

このような疑問があるようです。病院勤務とは全く違う状況に疑問がたくさん出てくるのは当然ですよね。おおまかな目安は下記になります。

・訪問件数は4~6件:利用者さんの利用時間によって件数が上下します。訪問看護では利用者さんごとに介入時間が異なり、30分の方もいれば、90分の方もいます。長い時間の方が多ければ訪問件数は少なくなりますし、その逆もあります。

・移動時間はそれぞれ:移動時間は地域やカバー範囲に影響を受けます。地方で山越えなどが必要な場所であれば時間がかかりますし、住宅地で自転車圏内であれば時間は短くなります。もちろん、その影響を受けて訪問件数も上下します。

・記録はタブレットを使うことも:記録はパソコンかタブレットを使って行うところがほとんどです。最近ではスタッフ一人につき一台のタブレットを支給し、移動や隙間時間を利用出来るように工夫しているところも多いです。

一日のスケジュールの実際~その1~

プラスト訪問看護ステーションの看護師、岸野さんの一日を紹介します。

岸野さんは、訪問看護ステーションから徒歩圏内にある弊社が運営している保育園にお子さんを送ってから一日がスタートします。

午前は3件、午後は3件を訪問した後にお子さんをお迎えに行ってから帰宅するというスケジュールになっています。弊社では9-18時が勤務時間となっていますが、1時間の時短勤務で働いています。

一日のスケジュールの実際~その2~

プラスト訪問看護ステーションの看護師、平川さんの一日を紹介します。

看護師の平川さんも、30分の時短勤務で働いています。一日4件のスケジュールで、間に事務作業が入っています。

訪問看護だからこそ実現できる働き方をしよう

訪問看護ステーションでの働き方は、長くて大変…といったイメージがある方も多いのではないでしょうか?

もちろんそのような働き方も可能ですが、実際には時短や変則勤務などのフレキシブルな働き方も可能です。様々な働き方をしている人が多いからこそ、これから働く看護師さんも気軽にそのような働き方が出来るのではないでしょうか。

また、一日のスケジュールは働く看護師さんの状況、利用者さんの状況、ステーションの状況によって変化します。転職しようと考えている訪問看護ステーションに見学や問い合わせをしたときには、聞いてみるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる